ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
Angiol d'Or Lambrusco Amabile
アンジオール ドールって読むらしい。
弱発泡性の赤ワインで、日本で付けられたタグには「甘口」と書かれている。
「辛口」のものと対で買ったので、まず最初にこちらを開けてみた。
発泡性なので、コルクの下膨れキノコの栓がしてある。
つまり、余っても押し込むのは難しいし、簡易型の注ぎ口(栓になるやつ)も持ってるが、発泡では役に立ちそうにない。
で、飲んでみたらこれが甘口どころか実際に甘い。
果実酒そのままの甘さで、ワインの甘さではないw
ホットワインに砂糖を入れるが、アレに近いか同じくらいかも。
シリコンのラップで蓋をして2日で飲んだが、もしかして辛口が辛かったときのために、ブレンド用に残してたほうが良かったかも…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック