ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
世界から猫が消えたなら
WOWOWでやってたのを視聴。

原作も買ってたし、見たかった映画の一つ。
でも去年は良作が多くて、期間内に見に行けなかった。

郵便局に務める青年が、ある日倒れ、医師から死の宣告を受ける。
意気消沈して家に戻ると、そこには自分と同じ背格好、同じ顔をした男がいた。
彼は自分を悪魔だと言い、とある取引を持ちかける。
それは、世界から何か一つ消すことで、1日の命を延ばしてやろうというもの。
自分ではそれを選べず、悪魔が最初に消そうと言ってきたのは…

ちょっと最近の現実と重なることもあり、終盤はボロボロ泣いてました。
とてもいい映画です。
そして、消されていくものが単なるモノではないということを、自分の現実にも置き換えてみるといいかもしれません。
オススメの邦画の一本です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック