ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
横浜づくり
今度は横浜の一本。
カジュアルに自由な雰囲気を~とのことで、実際に軽くてさっぱりしていて、しっかりビールとしてのテイストもあって、今まで飲んだ中では一番バランスがいいような気がする。
琥珀までは行かないが色は少し濃いめで、他のシリーズとはちょっと違う気もする。

で、ここまできて気がついたのだが、地元に工場のあるやつが~づくりで、その工場の周りの地域のものを作ってるのが~に乾杯なんだなと。
全部揃ってないとわからないよねー。
でも、京都はビール工場あったはず(昔工場見学で飲みに行った)だけど、今は無いのかな?
北海道づくり
一番搾りの都道府県シリーズ。
千歳工場の咲くということらしく、まだ47種展開していたころにセット品で見つけたもの。
なので、~に乾杯ではないw
味は非常にスッキリと軽くて飲みやすく、北の方だと濃いめのが好まれそうな勝手なイメージを持っていたのだが、いい意味で裏切られた。
これはかなり気に入ったのだが、通常アイテムとして定番化しないかなー。
Freixenet ICE CUVEE ESPECIAL
スペインの白のスパークリングワイン。
ちなみに瓶だけで1キロ近くあるw
香りは白ワインのそれだが、炭酸は結構強め。
そして、非常に辛い。個人的にはワインの限界超え。
スパークリングだからとそのまま飲もうとすると、この辛さに阻まれることになる。
辛すぎるので、あっさり系の料理だと負けてしまうかも。
しっかりした味のもので、甘くないものに合わせるといいかも。

トリスハイボール Clear レモンライム
もしかしたら、リパッケージ版かもしれないが、前に飲んだのが2年前なので、細かい味まで覚えてないw
今度はちゃんと「夏ハイ」と、しっかり夏のアイテムであることをアピール。
クリアーとあるように、苦味は少なくなった気がする。
ここまで苦味が消えると、もうハイボールでは無くなってきてるような…w
前のが苦い、辛いと思った人は、こっち飲んでみると結構評価変わるかも??
沖縄に乾杯
都道府県シリーズの一番搾りで、沖縄をテーマにしたもの。
爽やかな喉越しとあるが、沖縄の人って淡白なビールが好みなのかしらw
製法が一番搾りのもので、キリンビールと言うよりは実際にはオリオン(ノーマル)に近いかも。
キリン系にしては飲みやすくて、その分ビール初心者や苦手な人にも、一歩前進のためにいい一本かもw
黒白波
考えてみたら、普通の白波をここでは取り上げてないかも。
普通のは全国どもでも買える、いわば芋焼酎の定番的なものもあるので。
で、それの黒ラベル。
栓をあけるとまず香る、強烈ないも焼酎の香り。
味は、それほど甘くなく辛くもなく、ストレートでも行けそうな感じ。
でも、25度のお酒をそうそう割らずに飲むわけに行かないので、ラベルにある通り少しだけ割ってみる。
すると、どこからか甘さが出て来る不思議。
割りすぎると水っぽくなる微妙な加減だが、本当に少しだけ割ると面白いかも。
氷を浮かべて少し溶けるくらいで飲むのがいいかな?
他にも赤とかあったりするが、それはまたの機会に。

TAVERNELLO CHIANTI
タヴェルネッロのキャンティという地方のワイン。
コルク栓なので手軽に飲むというわけには行かないが(そのため、一度開けようとして途中でやめた)イタリアで一番売れているというブランドのものなので、それなりに期待しつつ。
香りは結構酸味が強め、味もミディアムと言いつつ濃いめで、やはり酸味が強い。
ワインらしいと言えばワインらしいが、言い換えると普通すぎる気もw
これだけ濃い目にまとまってると、しっかり冷やしてちょっとずつ飲むのがいいかも?
一番搾り 大阪に乾杯
大阪づくりじゃないのね。
売ってる時期に大阪で探したが見つからず、キャンペーンの47本セットにも外れてもう飲めないのかなーとか思ってたら、シリーズを9種詰め込んだセットを見つけたので買ってみた。
大阪と言いつつ神戸の工場で作られていて、テーマは「おだやかな香りとめっちゃ豊潤な飲みごたえ」ということらしい。
香りはそれほどでもないが、味は少し酸味のあるまったりした濃いめの味。
ラベルにも吉本のすち子があしらわれていて、すち子と一緒に地元を元気にしますということらしいw
粉物にはもう少しドライかさっぱり系が合うと思うが、こういうのもありかも?
それはそうと、小分けにしないで全国版フルセットで売って欲しいw
澪WHITE うすにごり
発泡性清酒の澪で、少し白く濁りのある一本。
瓶は透明で、口の方に向かって六角形に絞ってあるデザイン。
冷蔵庫から出して、炭酸に影響が出ない程度に上下くるくる回して濁りを均一化して、開けてみた。
だいぶ注意してやったが、見事に吹きこぼれたw
冷蔵庫では、寝かしておいて、開ける時にグラスに口を当てながら一気に注ぐといいかも。
青い瓶のノーマルに比べて、香りは清酒の香りが強く、味も少し酸味があって甘さが抑えられてる。
この酸味は濁りの特徴でもあるので、それを残した感じなのだろうか。
甘すぎず飲みやすい、5度の軽い清酒です。
KIRIN BITTERS 皮ごと搾りはっさく
ビターズのシリーズで、八朔を皮ごと搾ったらしい内容。
でも果汁分は1.6と少なく、アルコールは9度と高めで、ほんのり柑橘系の風味はあるものの、皮の辛さとか苦さが薄れていて少しもったいない感じ。
糖類やプリン体がゼロらしいので、カロリー自体は普通のビールと変わらないくらい。
甘くも辛くもないので、野菜中心の食事に合うかも?
サントリーのビール系リキュールで、既存のどれにも属しない一本。
麦芽量、発酵、炭酸のどれもが高めで度数も7度とこの手の中ではかなり高い方。
色は普通だけど泡立ちはよく、味も濃いめで度数からくるキレと相まって結構美味しくいただける。
特に限定とも書いてないので新シリーズの展開だと思うが、酒税改正でこういう商品が出て競争が高まってくるなら、ビール系好きな消費者は大歓迎ですw
神の河
スパークリングではなく、オリジナルの方。
「かんのこ」って読むのね。
3年寝かしてエンボス入りの平たいガラスの瓶に入った金色の焼酎。
寝かしてあるせいか、麦の癖があるものの凄くまろやかで、ブランデーのような芳醇さがある。
その口当たりの良さで、辛さもあまりない。
25度とストレートで飲むにはきついが、そのままお猪口にでも入れて少しづつ楽しむのに向いてるかもw

WILKINSON HARD
WILKINSONの炭酸でジンを割ったお酒。
味はハイボールに近く、無糖とあって甘くなく、むしろ辛め。
そして9度と強めの度数に強めの炭酸と、なかなかドライに攻めた内容。
その分飲む人を選びそうだが、カリカリに冷やしてガツンと行きたい時に一本いかが?
夏冴えるホップ
一番搾りの2017年限定醸造、そのコンセプトからすると夏季限定かな?
香りも薄めで飲みくちが軽く、最初ライトな発泡酒かと思ったが、これでもビール。
さっぱりしていて夏の軽めの料理に合いそう。
夏野菜なんかを軽く炒めて塩振っただけの盛り合わせに、冷しゃぶとか最高かもw
いかん、夜中にこんなこと書いてると飯テロブーメランだ…
銀座のすずめ
銀座の名前がついてるが、大分の麦焼酎。
飲みやすいように12度に調整されたというもので、要するに水割り。
香りは普通、12度と言っても清酒のようなくどさは無く、かなり飲みやすい部類。
麦焼酎の癖も出ておらず、割といい感じなのだが、割ってても焼酎、何でこの300mlというボトルにしたのかw
これでは、1合ストレートで飲んでるのとあまり変わらないくらいの度数になるので、飲む際はご注意を。