ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
スマホの修理完了
IMGP0283.jpg
無事に戻ってきました。
修理内容は、
・充電端子部分交換
・メイン基盤交換
・フロントケース交換
・リアケース交換
・サイドケース交換
・電池交換
・FeliCa部品交換
って、これ新品になってない?w

とりあえずさっさと家に帰ってWi-Fiでアプリの再構築。
お店でできますよ、とか言われたけど量が半端ないので、そのまま帰ってやりますと。
店ではGoogleのアカウントだけ確認して、借りてたやつのデータ消去を見守り、完全移行したところで退店。

Screenshot_20180605-003531.png 
で、よく使うやつだけ先にインストールして復帰処理、無事完了。
どのみち明日からまた車通勤なんで、あまり揃えても遊ぶ時間はそんなにない。
修理内容次第では、夏モデルを見ても良かったが、まだ出揃ってないし、修理内容にも満足してるので、当分はこれで使えそう。
ただ、元のガラス保護フィルムを剥がして店頭で張り替えたため、気泡がひどいので、これの貼り直しに時間をかけないと、気泡で浮いてるところでなぞりが途切れるw
まだ完全復帰とは行かないが、なによりお気に入りの筐体がきれいになって帰ってきたので良かったですw

薩摩 邑
鹿児島の大隅にある酒造の芋焼酎。
新幹線の新神戸駅がリニューアルしてから、エスカレーター壁の広告にこれなどが掲示されていたが、神戸の大きいリカーショップでも扱いがなく、ようやく見つけた一本。
見つけた店は取引のラインがあるということなので、事情を話したら他のも入れられるか検討しますとのことで、また一つ楽しみができたw

香りはそこそこ臭目の芋焼酎らしい香り。
味は辛いがスッキリしていて、辛くて飲めないほどじゃない。
言い換えると、芋焼酎の味がする麦焼酎といったところが、かなり的を得てるんじゃないかと思う。
芋の苦手な人にも、匂いさえ気にしなければ飲めちゃう、そんな味の一本w
クルマ修理
IMGP0280.jpg
だましだまし使ってきたウィンカーレバーの不具合が、右指示側にも出始めたので観念して交換修理してきた。
症状は、走行中にウィンカーを左に出すと、しばらくしてレバーは入ったままなのにウィンカーが点灯しなくなる。
その状態でも軽く押さえると再び点灯するので、明らかに内部の接触不良っぽい。
停止してるとこの症状は出ず、前に点検に出した時に見てもらったが発生せずで、修理を見送ってたもの。
しかしたまに出る程度だった症状がかなりの頻度で出るようになり、右でも出始めたので、そろそろやばいと。
これのレバー軸にはライトも関連してるので、最悪ライトが点かなくなるとシャレにならない。
通勤に使ってるから帰りはほぼ夜間で山道、それでは法的にも実際の危険度的にも走行できなくなる。

で、半年寝かした案件で再度見積もりとってみたら、修理費込みのパーツ代が当初の値段より2万ほど安い。
そのかわりもう国内には新品のパーツが3個しかなく、それを取り寄せての修理。
次は無い。

ただ、交換にはギリギリのタイミングだったとも言えるので、この機を逃してたら本当にやばかったかも。
国産車だとパーツの流用の効くものが多いが、外車はそんなことお構いなしに専用パーツを作ってクルマの生産終了と同時にパーツもなくなる。
接点不良くらいなら自分でも治せるので前のパーツをもらってきたが、暇な時にバラしてみるかなー。

全国の206乗りの皆さん、この部品はもうすぐ欠品しますよ~。
国内に新品はあと2個、治すならお早めにw

久々に山登ってきた
IMGP20180602_0542.jpg
この週末は良く晴れるというので、朝から洗濯して、そのあと裏山に登ってきました。
仕事が忙しくて若干運動不足なのもあるので、最初はチャリで行こうかとも考えたが無理は禁物。
徒歩で滝経由のハーブ園までの行脚。
また、カメラの性能チェックと一眼レフのリハビリも兼ねてw
上のは帰りに撮ったものだが、コントラストが甘いのでもう少し開いても良かったかも。

IMGP20180602_0368.jpg 
これは金網越しに撮ったもの。
レンズが大きいので、5cmほどの隙間だとQ10だと入らないが、KPだと網が入ってしまう。
でも、明るい場所も暗い場所も、自分の目でファインダーを見てるそのままが撮れるので、モニター越しよりは遥かに撮りやすい。

IMGP20180602_0441.jpg 
それを象徴するのがこういう手前と奥にボケかましながらMFで寄って撮るもの。
設定色々変えながら撮るのがすごく楽しい。

IMGP20180602_0459.jpg IMGP20180602_04592.jpg
あとは、ISOでの画質なんかも見つつ。

IMGP20180602_0495.jpg 
ただ、花はコントラストと露出の兼ね合いが難しい。
この場合だと、もう少しだけアンダーがいいかも。

IMGP20180602_0444.jpg 
暗いところでの解像感もいい感じなので、この設定は詰めていきたい。

IMGP20180602_0525.jpg 
光を透かしてのオーバー気味の調整は、覚えてる感覚で行けてるみたい。

IMGP20180602_0499.jpg 
最後にいつものラムネ飲んで降りてきましたw
明日もう一回登って、露出失敗写真全部取り直して来ようかなー。

Fu
兵庫は加西のお酒。
8度と軽めで、香りは日本酒そのものだが、味はかなりフルーティ。
甘口の酒とはまた違う甘さがあり、かなり飲みやすい部類。
お米も地元のものを使っているという、まさしく地酒だけど、兵庫の酒でこれだけ甘いのは珍しい。
軽めなので、日本酒初心者にもおすすめの一本。
無限の住人
WOWOWでやってたのを視聴

キムタク主演の実写版。
最初その顔見たときにはもっと顎の細い顔の俳優のほうが良かったんじゃね?とか思ったが、慣れてくるとベテランの味がよく出てきていい感じになってきた。
なにより、ライバルの福士蒼汰君の時代劇離れした二枚目っぷりとの対比が味になってるw
しかし、単騎でこれだけの時間で数百人を斬った映画はこれが初めてじゃないかな。
あらゆる武器を使いこなし、不死の身体で次々敵を切り伏せる、血を見なければ実に爽快な剣戟なんだろうけど、若干ファンタジー入ってるから、時代劇だけが好きなら見ないほうが吉w
氷結 太陽のすもも
山梨のすももを使ったという氷結のひとつ。
果汁分は0.4と、香りを感じるくらいだが、後味に桃独特の甘さとすももの酸味が少しでてくる。
氷結の中では甘い部類に入るが、飲みやすさで言えば、さっぱり系の料理に合わせるといい感じになるかも。
軽めで甘いので、食前酒でもいけるかな?

濃いめの上善如水
さっぱりすっきり系の上善如水の仲間で、ピンクの瓶に入った吟醸酒。
甘口とかいてあるが、16~17の度数もあってか、少し辛め。
ただ、一般的な日本酒よりかは甘めで、吟醸のコクも相まってなかなか飲みごたえがありながら、すっと飲める味。
無印よりは少しお米を感じる飲み口と、甘辛い日本酒を探しているならお試しを。
SUPER CHU-HI すっきりレモン
もう一本はレモン味。
ただ、こちらは甘さがかなり抑えられていて、酸っぱさが前にでている。
チューハイというよりはレモンスカッシュの甘さ控えめバージョンといった感じかな?
若干の辛みもあるので、グレフルに物足りなさを感じたならこっちでw
SUPER CHU-HI すっきりグレフル
何年か前に無印でドライだったかの、同じ名前のチューハイがサントリーからでているが、SUPERになって帰ってきたw
度数は5度と抑えられ、果実の浸透酒、皮の蒸留酒をブレンドしたグレープフルーツ味。
はちみつレモンの様な甘さとほのかな酸味、甘すぎず結構飲みやすい。
それで糖類ゼロ、甘味料は使ってるが気にするほどでもない。
結構お気に入りの一本。
WIN10PC
弟のところのPCが不調だと言うので、何回か見に行っても別におかしくなく、それでも2回に1回はメールの送受信に失敗するというので、CPUマザボOSメモリSSD電源一式用意して、神戸でセッティングまで済ませて向こうでおかしいやつを入れ換えだけで済むように準備。
しかしものはミニITX基盤、個々に見ると割高なので、いっその事ベアボーンでもいいかな~とか思ってたが、結局全部組んでみた。

しかし、光学ドライブ内蔵なしの環境なので、色々めんどくさいw
更に電源しか買ってないので、電源スイッチ部分が無いのに気がついたのがもう店も閉まった深夜。
仕方ないので、前に作った無音PCから電源スイッチ部分だけ借りて起動。
机の上はかなりカオスな状態w

IMGP0274.jpg 
で、BIOS設定してインストールを初めたら、デバイスドライバを外付けDVDから読み込んでくれない。
仕方ないので、自分のPCを横で立ち上げてUSBメモリにドライバを入れて再起動、机の上は更にカオスに拍車をかける状態。

IMGP0275.jpg 
ようやくシリアルを入れるところまで来たが、なぜかこれがエラーで通らない。
MSに直電かーとか思ったが、気を取り直して一旦再起動。
すると、今度は何事もなかったようにコードが通る。
スクショ取って拡大して見比べてもエラーだったのに、何が悪かったのか。

まあそれでも通ってしまえばあとは流すだけ。
WINアップデートも全部適用し、必要なソフトも入れて、メールの設定まで済まし、あとは箱詰めして出かけるだけ。
現地でメールのバックアップを取り、バラして全部入れ替え。
起動を確認し、さてソフトの確認を~と思ったら、メールソフトでは文字をこれでもかと拡大できるのに、変換中の候補が普通のWINのデスクトップのサイズのまま。
目が悪いので(キーボードのキー4個分くらいの大きさも文字がかろうじて見えるくらい)そんな細かい文字が見えるわけがなく、なんとか候補をでかくできないか探してみたが見つからず。

とりあえずカスタムで250%表示にしたものを、更にディスプレイ表示の解像度も下げて無理やり大きく見えるようにして、なんとか解決。
それでもキー1個分くらいなので、見えにくいのは見えにくい。
でかくできるATOKとかも考えんといかんかなーと、ディスプレイに2cmまで寄って見てる弟の後ろ姿見て思った。

しかし、故障したと言ってる割にはバックアップのときにもそれらしい兆候はなし、交換して余ったパーツでもう1台組んでみて、次に壊れたらそれを持っていこうと考え中w
まあ今回のパーツチョイスなら、多少荒目に使っても3年位は持つだろうけど。

それにしても、WIN10のコントロールパネル、融通きかなくてイライラしたわー。
今後のメインストリームにはなるだろうから、もうちょっとカスタマイズして弱視でも使えるようなフォーマット作らんといかんなーと思った。
スマホの終焉
IMGP0267.jpg
前々から怪しかった、充電しなくなる症状が、今朝終焉を迎えた。
ここしばらくは、充電ケーブルのテンションを調整したりすると、なんとか充電できていたのだが、今朝は一晩充電しても放電の方が多く、見てみたら残りが2%だった。
会社に行くまでになんとか充電しないかとあれこれ試し、鞄の中でモバイルバッテリーを使って充電を試みたが、会社に付く頃には電力不足でシャットダウンしていた。
その後も、充電ランプは点くが全く充電される気配もなく、そのうちリチウムの保護回路のせいか、何をしてもランプすら点かなくなった。

夏モデルがもうすぐ出るので、それまで持たせるつもりだったが、どうやらそれが出揃うのは来月の中旬以降になりそうとのこと。
ストレージは64G以上欲しいので、現行機種では32Gが多いのでいずれかの64にするか、夏モデルを買うかと決めていた矢先。

そもそも電池や電源関係のトラブルは、あまりごちゃごちゃ弄り回しても発火とかあぶないだけなので、さっさと修理に出すが吉。

充電が本格的にやばくなってきた今週の初めには、各アプリの引き継ぎコードは発行済。
ただ仕事が忙しくてショップには行けず、金曜にようやく定時ダッシュして持ち込んだが、もう少し早ければ移行作業も早く終わったかもしれない。

IMGP0269.jpg 
で、修理の間の代用品として1台借りてきたが、1週間くらいなのでアプリとか入れるかどうか考え中。
明日弟の所にパソコンの修理には行くので、親父と連携が取れるように電話として使えればいいのだが、それならガラケーでも良かった気がするw
とりあえず、自宅のWi-Fiにはつないでみたが、まだ何も入れてない。
←今ここ

で、本体ストレージの容量に不満もあるので、修理終わっても長く使うかどうかは分からない。
流石に5G通信の開始までは持たないと思うので、どこかで乗り換えることにはなるが、シャープの後継機は液晶四角じゃない上に切り欠きまである変態仕様だし、Xperiaは何かタップの取りこぼしするみたいだし、何か
一長一短なものばかりな気もする。
本体ストレージは軒並み64G以上のものが多いので選ぶには困らないが、修理したのを冬まで使うか、さっさと乗り換えるか、かなり悩み中ですw
ASAHI BREWERIES LIMITED
「100年のこだわり」と、ラベルに書かれた生ビール。
実際には1900年からなので、100年以上経ってることになる。
新定義のビールが大挙して押し寄せる中、真っ向から既存のビールとして挑んできた?一本。
4.5度と少し軽めながら、どっしりした苦味と軽めの苦い香り、飲食店で支持されているとあるけど、最近の飲み屋ではスーパードライがメインの印象。
期間限定とあるので、生らしい生ビールを、スーパードライと比べてみるのもありかもw
海の向こうのBEER RECIPE ベルギースタイル
今までは発泡酒だったが、今年の春からビールになったもの。
いわゆるベルギービールの一種で、ピンク色をしている見た目に華やかなもの。
味は仄かな酸味と軽めの苦さ、色を除けばサントリー系の軽めのビールとあまり変わらないかもしれないけど、グラスに開けて飲むと華やかな気分になるので、ちょっと変わったものが飲みたい時にいいかもw
2018春の新番その3
重心機パンドーラ
生物が機械を取り込んで独自に進化し、人類に敵対するという世界の物語。
それに抗うために組織された部隊には、特殊な人型兵器があるのだが、それを正常に運用するにはある条件が必要だった。
かつてその部隊を離れた男が、とあるきっかけでその戦いに巻き込まれていくストーリー。
WOWOW買い付けなので割りとしっかりした内容。
スタッフの豪華さではこちらも負けていない。

ウマ娘
この春スタートのアプリが題材の物語。
ぶっちゃけアイドルものだが、競馬をやらなくてもよく名前を聞くウマたちが美少女化して競い、アイドルになるという贅沢な内容。
古くからの伝説の名馬から、伝説の負け記録保持者(ウマ?)まで、様々な彼女たちが織りなす物語。
作画もいいし、なかなか期待できる作品。
アプリ版にも興味があるが、スマホが故障中で新規に手を出せず。
スマホ買い替えと、アプリ正式開始、どちらが早いかw

カリギュラ
こちらはビデオゲームが元の作品。
いわゆる異能系だが、謎が謎呼ぶスタートで、よくわからないというのが最初の感想。
でも、好きなクリエイターが何人も参加してるので、そっちの方から見て行くかもw

ゴールデンカムイ
これもかなり重厚なストーリーを原作にした物語。
日露戦争時代という、他ではあまり見ない時代を背景に、隠された大量の黄金を求めて、それぞれの思惑が錯綜する重厚なストーリー。
銃弾を受けても死なず、人食い熊に襲われても生き延びる、不死身の男が主人公だが、これアニメにして期間内に終わるの?w

メガロボクス
あしたのジョーをベースにしたSFボクシングが題材。
主人公とライバルの立ち位置、ヒロインとの関係、どん底からのし上がっていく飢えたオオカミのようなストーリーは、そのまま元の作品に通じるところがある。
荒廃した世界で富裕層と貧困層がきっぱり分かれた街を舞台に、男たちの戦いが幕を開ける。
連載中の漫画版とはキャラが大分違うが、チンピラっぽいアニメのデザインのほうが自分の好みかなw

ではまた夏に。